FXの基本のキ

FXの基本のキ

年間20万円超の利益をFX投資によって出すことができたなら、必ず確定申告をしておきましょう。

 

確定申告にあたり、外国為替証拠金取引で投資をする上で必要となる諸々の費用は経費として得られた利益の分から差し引いて計算します。

 

仮に、あまり利益を得ることができなかった時でも、とりあえず確定申告は済ませておくと、出した損を3年間繰り越せる、繰り越し控除のルールがありますので、この先々において損失が利益に転じる展望を持っているのなら、やはり確定申告はしておくべきでしょう。

 

 

近年では、FX業者は数多く存在しますから、どの業者を選んで口座を作るのかを丁寧に吟味してください。

 

投資用の口座開設は苦労のいるものではありませんが、多くの業者で口座を作ると口座の切り盛りが難しいです。

 

とある業者で新しく口座開設を行うとキャッシュバックというようなキャンペーンに飛びつかないで、その人に適するFX業者を取捨選択しましょう。

 

人気のFX投資ですが始めようとするならまず、利用したいFX業者をよく見極めて、自分の投資のやり方や投資額に合う会社をしっかり考えて選ぶべきでしょう。

 

 

業者の選択は損益に大きく関わりますので、軽々しく決めないでおきましょう。

 

大方の業者でそうなっていますが取引手数料が無料なこと、それにスプレッドが狭くて、準備する資金が少なくて済むという点で最低取引単位が小さい業者は利用しやすいでしょう。

 

それから頻繁に使うため、意外と重要視したい取引ツールも業者ごとに違ってきますのでデモを使ってみたりして一通り試してみるのがおすすめです。

 

一日中それこそ24時間取引ができる強みを持つFX投資ですが、ただそれでも為替相場が活発に動く時間も存在します。

 

世界的規模で市場の中心地といえばニューヨークとロンドンで、これらの市場が開いている時間つまり、大まかですが日本時間にして21時~午前2時頃は取引が活発になり相場が動きやすいとされています。

 

 

それから、経済指標の値も相場を動かす要因になり特にアメリカの雇用統計や各国GDP、政策金利などが発表されると為替相場が大きく変動することがあり、気を付けておかなければなりません。

 

ですから経済指標の発表がされるのはいつなのか知っておくのがセオリーです。

 

最近、小型PCといってもいいタブレット端末やスマホを使い、隙間の時間にFX投資をする人が大勢いるようです。

 

なにしろ帰宅してPCの前に座って取引を始めるよりもはるかに容易で、時と場所に縛られることなく行えるのが大きなメリットです。

 

スマホで使える便利アプリもどんどん増えてきてますし、ほんの初心者の場合であっても比較的すみやかに慣れるでしょう。

 

この先はもっとスマホやタブレットを携帯してFX投資に活用する人々は増加していくばかりでしょう。

 

 

FXに限らず他のいろいろな投資と同じく、大変重要になってくるのが損切りという手法です。

 

トレーダーとして投資を続けていて、利益だけが積み上がって損はない、という状態は絶対にありません。

 

どうしても出てしまう損失ですがそれをどの程度に止めることができるかは投資の世界で長くやっていけるかどうかというところにおいて大変重要なポイントとなることは間違いありません。

 

損失を小さくするためには、ぜひ自分なりの損切りルールを作り、そのルールはトレーダーを守る大事なものなので曲げたりせず徹底して守ってください。

 

Dealing FXのような教材で学んでみるのも良いでしょう。

 

 

FX投資をスマホやタブレット端末で行う人が相当多くなってきて、FX投資用アプリのリリースを行なう業者も相当多く見られるようになりました。

 

そういう業者のうちいくつかは、自社のFXアプリを使用してFX投資をスタートすることで、特典を得られるようなキャンペーンを実施するところも出てきています。

 

ネット上の評判を探してみたり、また実際に自分で試してみるなどしてじっくり比べて、自分に合うアプリを見つけ出すのが良いですね。

 

どの位の金額を最初に用意しておけばFX投資が始められるのかは、FX業者に口座開設の折、または取引をしようとする時に最低証拠金が必要となってくるため、FX業者をどこにするか選択次第で用意したい金額は変わってきます。

 

その最低証拠金ですが業者によっては100円だったり予算に合わせて、5千円、1万円、5万円の所もあり様々です。

 

そして最小取引単位についてですが、これも業者で違っており、1000通貨だったりその10倍の10000通貨の業者もありまして、あまり大きな金額を動かすのは不安がある、FXの経験がないなどの場合はとりあえず1000通貨にしておくと大きな間違いはなさそうです。

 

 

 

さまざまな投資がありますが、そのひとつにFXがあり、FXで取引を行う上で強制ロスカットという必ず知っておかなければならないシステムがあります。

 

たとえば、保有している決済前のポジションがどんどんマイナスになって含み損がふくらんでいき、それが許容されている基準を超えてしまうと、保有しているポジションを強制的にFX業者側で決済されてしましまいます。

 

そう聞くとちょっと恐くなってしまいますが、いきなり強制ロスカットが行われるのではなく、マージンコールというものが発せられて教えてくれるので不足分の証拠金を追加で入金すると強制ロスカットが行われるのを避けることが可能です。

 

強制ロスカットの基準になる証拠金維持率というのは利用するFX会社によってそれぞれ異なるので忘れてはいけません。

 

FX取引を行うにあたって絶対にお付き合いが必要なFX業者ですが、ほぼすべての業者はデモトレードという、実際の取引と同じようにツールを操作して疑似取引できるシステムがあるはずですので、必ず一度は試用してみるべきです。

 

 

デモトレードは実際の取引と同様に行えますが、あくまでもデモなのでミスしても損得は関係ありませんし、デモとはいえその業者での実際の取引と同じツールを使用するので扱い方や感覚を知ることが可能です。

 

手持ちの大事なお金をやみくもに投入して本番のFX投資をスタートさせるのはあまりにも向こう見ずですから、FX取引がどういうものかを感覚的に理解できるようになるまでバーチャルの取引をデモトレードで繰り返すのがおすすめです。

 

どんな規模であっても、FX投資にあたって忘れないようにしてほしい事は、基本的に経済指標の発表日程は非常に重要な要素であるため忘れずに確認したほうがよいでしょう。

 

有名な経済指標の発表と同時に、相場が意思を持つかのように大きな動きをすることがありますから、油断は禁物です。

 

同じようなアプリでも実は様々です。

 

 

 

中には経済指標の発表前にあるのと無いのとでは大違い、アラート機能付きのものもありますし、アラートメールを発信してくれるものもありますので、有効です。

 

FX投資においてうまく利益を得ることができた場合は当然その分税金がかかってきますので、税金の払いもれには気を付けるべきでしょう。

 

巨額の利益をFX投資で手に入れたというのにそのことを申告しないでいたために、税務調査の手が入り追徴課税に応じなければならなくなった人もいるのが現状です。

 

具体的には20万円より多い利益を出せることができた時には、確実に確定申告をしておく必要があります。

 

主婦でありながら、FX投資で大金を得た人もいますが、家庭崩壊させてしまうほど、大損をしている主婦も存在します。

 

特徴的にレバレッジが使えるFX投資では大きな儲けが出る反面、損をする際も大きくなってしまうのです。

 

 

FX投資を、夫に内緒でしたり、生活に困らない程度のお金は残しておくように気を付けてください。

 

低めのレバレッジにして、良く考えながら、投資するのが賢明です。

 

FX投資のノウハウの中にはサヤ取りという手法が存在しています。

 

サヤ取りというのは、関連性のある二つの通貨ペアの値段が開いたタイミングを狙って、一方を売って一方を買うことで利益を得るという仕組みです。

 

スワップ金利を利用してサヤ取りをする投資家も存在しますが馴染むまではどちらの手法も儲けを出すのは難しいかもしれません。

 

何はともあれ、仕組みとオーダーの方法を知っておいてください。

 

 

FX投資では自分の勘を根拠にしていると利益を得ていくことはなかなか難しいですから、やはりチャートの分析をするなどの努力が必要です。

 

より機能のいいチャートソフトや最近ではスマホ用のチャートアプリも多いので、自分に合ったものを見つけて、売買のよりよい機会を考えてみるのは賢い手です。

 

さらに、チャート分析における諸々の技術やコツなども、まんべんなく知識として頭に入れておきましょう。